会話形式で楽しく学ぶ人事労務管理の基礎講座
会話形式で楽しく学ぶ人事労務管理の基礎講座

   

 このコーナーでは、経営者や管理職が最低限知っておきたい人事労務管理のポイントを会話形式で分かりやすく解説していきます。今回は、メンタルヘルスの不調で休職していた従業員を復職させる際の注意点をとり上げます。>> 本文へ

人事労務ニュース
人事労務ニュース

通勤災害と認められない通勤経路の逸脱・中断とその例外2019/09/10
労基署監督指導により支払われた割増賃金支払額は昨年度より大幅減の125億円2019/09/03
最低賃金の対象となる賃金と歩合給における最低賃金の考え方2019/08/27
育児や介護等で退職した従業員を再雇用した際に支給される助成金2019/08/20
改めて確認したい管理監督者の労働時間の把握義務と割増賃金の支払い2019/08/13

>> バックナンバーへ

旬の特集
旬の特集

   

 先日、平成30年度の精神障害による労災請求件数が過去最多を更新したと発表されました。そこで今回の特集では、この集計結果と、その前提として理解しておきたい精神障害の労災認定基準についてとり上げましょう。>> 本文へ

総務担当者のための今月のお仕事カレンダー
総務担当者のための今月のお仕事カレンダー

   

 9月は、社会保険の定時決定の結果が反映がされる月です。9月の給与で反映する事業所では、誤りや漏れがないように注意しましょう。>> 本文へ

WORDでそのまま使える人事労務管理基本書式集
WORDでそのまま使える人事労務管理基本書式集

| 採用 | 退職・解雇 | 労働時間・勤怠  | その他 |
遅刻・早退・外出届
従業員が遅刻や早退、あるいは勤務の途中に外出する場合に提出させる勤怠管理上の基本書類です。
shoshiki142.doc  shoshiki142.pdf

知っておきたい!人事労務管理用語集
知っておきたい!人事労務管理用語集

>> 用語一覧へ
雇止め
有期労働契約の労働者の契約満了時に、契約更新を行わずに契約を終了すること。有期労働契約の締結及び更新・雇止めに関する基準においては、使用者は、有期労働契約の締結に際しては、更新の有無と判断の基準を、明示しなければならないとしている。

 サービスのご案内

 労務管理コンサルティング

 労働保険・社会保険諸手続き

 就業規則の作成および改訂

 給与計算業務

 行政調査への立会

 助成金の申請業務

 年金のご相談・裁定請求

 ADRとは?

 特定社会保険労務士とは?

 労働保険事務組合とは?


ご相談・料金は こちら

お問合せ
社会保険労務士法人 飯田事務所
〒108-0014
東京都港区芝4丁目11番4号
ハラビルU 3階
TEL:03-3454-2291
FAX:03-3455-8420
E-mail:
iida-office@air.ocn.ne.jp
URL:http://www.iidajimusho.com/

ROBINS掲載事業者です
ROBINS 
 

社会保険労務士個人情報保護事務所

SRPU

 個人情報保護方針